カテゴリー別アーカイブ: ダイレクトボンディング

下の奥歯、小さな銀歯が気になりませんか?

こんにちは。

阪急茨木市駅徒歩5分、上原歯科副院長の上原行博です。

 

朝のTV番組で天気予報を見ていたら、

きょうの大阪は、最高気温が30℃まで上昇する

とのことでしたね。

 

午前の診療を終えたこの時間は、

天気予報通りの晴天で、確かに5月とは思えない、

真夏のようなお天気ですねwink

 

さて、

本日の副院長からのブログ。

『下の奥歯、小さな銀歯が気になりませんか?』

 

下の写真は、

以前に治療させていただいた患者さんのものです。

ダイレクトボンディング.001

 

 

 

 

 

 

 

写真を見て下さい。

左の写真では下の奥歯左右に3ヶ所

小さな銀歯が見えます。

 

十数年?数十年?前までは、

小さなむし歯でも、このような銀歯で修復治療されるケースが

多かったようです。

 

では、最近はどのように治療できるかと言うと、

右の写真のように、歯と同じ白いつめもので

見た目もきれいに修復治療することができます。

 

では、銀歯と白いつめものの比較です。

 

        銀  歯      白いつめもの

歯を削る量    多い    >    少ない

治療回数  2回(型取りが必要) > ほとんどの場合1回

審美性   悪い(金属色)    > 白い(歯に近い色調)

 

上の比較をご覧いただければ、おわかりですよね!

 

現在の材料や接着技術を考えると、

小さなむし歯の場合の修復治療は、

白いつめものの法が、優れていると考えられます。

 

保険診療で使われる金属材料として一番多いものは、

12%金銀パラジウム合金と呼ばれているものです。

言葉通り、金、銀、パラジウムなどを含む合金のことです。

 

金:12%、銀:約50%、

パラジウム:約20%、銅:約15%、を主成分とし、

その他に数種の金属が含まれています。

 

強度があるのですが、やや硬くかみ合う歯をすり減らしたり、

歯ぐきが変色したりなどの可能性もあります。

 

様々な金属を含むため、

金属アレルギーの既往がある方は、特に、注意が必要です。

 

参考までに、歯科で用いる金属で

金属アレルギーの原因となりやすいものには

次のようなものがあります。

コバルト、錫(スズ)、パラジウム、インジウム、

イリジウム、水銀、ニッケル、クロム

 

また、保険治療で使われる白い材料は、

コンポジットレジンと呼ばれる物です。

一昔前のレジンは、いわゆる樹脂(プラスチック)でしたが、

最近のレジンには、

フィラーと呼ばれるセラミックを砕いた非常に細かな粒子が、

80%ぐらい含まれています。

そのため、強度も以前よりかなり向上しており、

色や光沢なども、天然の歯にかなり近い状態に修復でき、

非常に適用範囲の広い材料になってきています。

 

接着修復と呼ばれる治療で、

すごく簡単に言えば、樹脂をボンドで歯にくっつけて

歯のかたちを修復する治療です。

 

この『ボンド』の部分もかなり発展してきており、

接着修復治療で行える治療範囲がかなり増えてきています。

 

この、接着学の部分については、

また改めて、ブログに書かせていただきます!

 

では、午後からの診療も

スタッフ一同、頑張らせていただきます!

☆メリークリスマス☆

 こんにちは。

上原歯科の歯科衛生士の上路です。

今日はクリスマスですね☆

みなさんのもとへサンタクロースからのプレゼントは来ましたか??

私たちスタッフのもとにもプレゼントが届きました(^^♪

ここ数年恒例になりつつある、院長、副院長からクリスマスプレゼントのケーキ☆

31(サーティーワン)のアイスケーキです♪
15-12-24-14-27-54-207_photo

 

 

 

 

 

お昼休みにみんなでおいしくいただきましたlaughありがとうございました!!

 

そして、今日のクリスマスが終われば2015年ももう終わりですね。。

今年一年を振り返って…私自身は変化の年だったように思います。一生懸命何かに取り組むことで自分自身の成長につながることを実感した一年でした。

みなさんはどんな一年でしたか??

一年を振り返ることで、また来年から新たな気持ちで迎えることができるのではないでしょうか☆

 

…と、個人的な話になったので、ここからは副院長の素晴らしい治療をご紹介したいと思います!!

ダイレクトボンディング治療の紹介をしたいと思います☆

「ダイレクトボンディング」聞いたことありますか??以前も副院長がブログでご紹介したことあると思うのですが、、、。

 

例えば、前歯の歯と歯の間の隙間が気になったとき、なるべく自分の歯を削らずにその隙間を埋めることができるならやってみたいと思いませんか!?

そんなときにダイレクトボンディングという治療ができるかもしれません☆

今日受診していただいた患者様でダイレクトボンディング治療をされた方のご紹介をしたいと思います。

 

  治療前                治療後              

DSC_3077DSC_3831

すごくきれいになっていると思いませんか!?

 

写真の患者様には部分的な矯正もしていただいたので、ここまでの状態になるまで少し期間はかかりましたが、満足して頂けている様子でした。

今までとは歯の形が変わったのでご自宅でのケアの方法をお話しさせて頂き、今後もホームケアとプロケアで患者様の歯をしっかり管理していきたいと思います!!

 

という風に歯と歯の間の隙間が気になっている方で、なるべく歯を削らず、費用もなるべく抑えたいという方におすすめですwink

詳しくは当院までご連絡ください!!しっかりとご相談した上で治療はすすめていきますので(^^♪

 

では、2016年も上原歯科を宜しくお願い致します!!

12/28(月)午後から1/3(日)まで休診日となっております。