良ければ、ご覧下さい!

こんにちは、大阪府茨木市の上原歯科

副院長の上原行博です。

 

告知です。

 

本日22時からNHKで放送される番組に

歯科会では非常に有名な、熊谷崇先生が出演されます。

 

僕もとてもお気に入りの番組の一つで、

『プロフェッショナル仕事の流儀』という番組です。

 

とても人気のある番組なので、このブログをご覧の方の中にも

一度は見られたことがある方が多い番組かもしれません。

 

下のURLが、NHKのホーームページにある番組情報になります。

http://www.nhk.or.jp/professional/schedule/index.html#20141027

 

 

『歯医者さんにほめられる歯に。』

 

でおなじみの、LIONのCMでお聞きになっている方も多い

『予防歯科』で有名な先生です。

 

今でこそ、CMでも『予防歯科』と言われている時代ですが、

この考えが日本の歯科界で普及するずっと以前から

積極的に予防に取り組まれている先生です。

 

堀北真希さんが出演されている、

予防歯科から生まれたLIONのクリニカブランドのCMですが、

『ほめられる歯に。』うまいことキャッチコピーを考えるもんですね!

 

これまでの、

むし歯になってからの歯科治療、歯周病が進んでからの治療ではなく、

むし歯になる前に、歯周病が進む前に、

是非とも予防の重要性を大切にすることをおすすめしています。

 

歯周病は、様々な全身疾患と関係があることが、

昨今の研究で明らかにされています。

 

予防の考えを大切にしていただけたらと、

上原歯科でもスタッフ一同考えております。

 

お時間ある方は、是非ともご覧下さい!

(木曜日の深夜にも再放送があるみたいですよ。)

 

 

 

寒くなってきましたね

こんにちはnote衛生士の田中です。

久々の登場ですconfident

 

最近めっきり朝晩冷え込んで、秋も深まってきましたねmaple

急に寒くなって、体調崩されている方も多いのではないでしょうか。

季節の変わり目は、体調管理が難しいですねcoldsweats02

 

風邪をひいたり、アレルギーが出たり、肌荒れがおきたり。

また、お口の中では、日頃落ち着いていた歯肉が急に腫れたり、口内炎が多発したり・・・weep

これらは免疫力の低下から起こると言われています。

 

そもそも、免疫力とは??

体内に入った細菌やウイルス、外敵から自身の体を守る力の事を言います。

体に備わっている、病気と闘う力ですねrock

 

すなわち、私たちが病気を自然治させるには、免疫力が不可欠sign01

では、どんな理由で免疫力が低下するかと言いますと・・・

 

●加齢

●生活習慣(不規則な食生活や睡眠不足、運動不足など)

●過度のストレス

●長期による薬の乱用etc・・・

様々な原因があります。

 

これからどんどん寒くなり、インフルエンザなども流行る季節になっていきますsad

そんな病気に負けない体作りの為に、今から冬本番snowに向けて、免疫力アップup

心がけたいものですねheart02

 

<免疫力を上げる方法flair>

●バランスの良い食生活riceball

●睡眠をしっかりとるsleepy

●ストレスを溜めないpout←今の社会では難しいかもしれませんが・・・

●よく笑うhappy01

などなど、たーくさんありますが、体温を上げることも大切です。

 

風邪をひいた時に熱が出るのも、体温を上げて免疫力をあげようとする防護反応だそうです。

昔から、冷えは万病のもと・・・っていいますよねgawk

 

喉が渇くとついつい、冷たい物をグビグビッといってしまいますが・・・sweat01

温かい飲み物をとって、体を冷やさないように心掛けたいものですcatface

 

でもこれからは、温かいコーヒーや紅茶が恋しくなる季節cafeheart04

私も毎朝のカフェオレを、アイスからホットにチェンジしましたsmile

 

そんな中、先日、当院のマタニティー歯科についてのホームページ製作をお願いしている

ottoさんより、温かいコーヒーにピッタリshineの美味し~差し入れを頂戴しましたhappy02

 

『カヌレ』ですheart02

RIMG0555.JPG

 

皆さん召し上がられたことありますか?フランスの伝統的な焼き菓子です。

パン屋さんでもよく見かけますよねshine

外はカリカリ、中はモッチリlovely

 

この食感が大好きで時々買うことはありましたが、こんなに沢山の種類は初めてsign03

蓋を開けた瞬間「わぁ~可愛い~happy02」と、スタッフのテンションもupup

見た目も可愛いお菓子って、幸せな気持ちになりませんかsign02

優しいお心遣いに感謝ですconfident

 

甘いお菓子に心もホッコリ・・・heart02

 

でも皆さんsign01

お菓子を食べた後の歯磨き、忘れないで下さいねsmile

 

 

リニューアルからもうすぐ5ヶ月。

こんにちは。

大阪府茨木市上原歯科の副院長、上原行博です。

 

10月8日の入れ歯についてのブログは、

ご覧いただけましたか?

 

全く忘れていましたが…。

 

実は、

一昨日の10月8日は、『入れ歯の日』だったようです。

 

そう言えば、数年前にスタッフが上原歯科の

ブログに書いてくれていましたgood

http://uehara-dental.com/blog/2012/10/108.html

 

さて、上原歯科では、

5月のリニューアルから、もうすぐで5ヶ月になります。

 

今回のリニューアル改装では、

待ち合い室の拡張、キッズルームの設置、CTの導入と

自分自身では大きなテーマがいくつかありました。

kaunnta.jpg

machiaisofa.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

左が受付、右が待ち合い室の写真です。

 

照明や椅子、時計などのインテリアにもすこしこだわったんですが、

いかがですか?

 

個人的には、お気に入りの空間になったと思っています。

 

受付前のグレーと緑の椅子は、患者さんからもどこで購入したかを聞かれたり、

来られる患者さんにも気に入っていただけているようです。

 

待ち合い室から診療スペースへ入る扉のイラストも

デザインしてもらったピクトがいれられていて、

すこしでも緊張が和らぐような印象にしてもらっています。

 

僕の印象とは大きく違いますが…、

かわいらしく仕上げてもらいました。

 

ちょっと脱線しましたが、

もう一つ、今回のリニューアルでの大きなテーマがありました。

 

それは、『医院内の土足対応』です。

 

本来なら、バリアフリーにしたいところなんですが、

建物の関係で、残念ながら

どうしてもバリアフリーを実現することができませんでした。

 

高齢者やこども、こども連れの患者さんなどが増えるなか、

すこしでも面倒な動作をなくせないかと考えて、

今回、土足対応の医院へとリニューアルしました。

 

はじめは、靴を脱ごうとする方もいましたが、

しゃがんだりといった履き替えの動作がつらい高齢の方や

スリッパを履くことが苦手な方に大変ご好評いただいているようで、

一安心しています。

 

その分、院内の清掃にはこれまで以上に注意が必要となっていますが、

スタッフみんなのおかげで、

リニューアル時と変わらずきれいな状態を維持できています。

 

感謝、感謝です。

 

先日、お掃除のプロの方にも

院内清掃について院内で講習をしていただきましたので、

また、ブログで書かせていただければと思います。

ぴったりの入れ歯ができました!

こんばんは、副院長の上原行博です。

 

昨日は、

日本人3人のノーベル物理学賞受賞という

素晴らしいニュースがありましたね!

 

毎年、素人にはわかりにくい難しい研究に対しての受賞がほとんどですが、

今回は、青色LEDの開発という研究に対してのもので、

非常に身近なものの開発への受賞となりましたね。

 

そうは言うものの、

赤色、緑色ができても、青色だけが何十年もの間できないとは、

やっぱり科学って奥深いんですね。

 

さて、

きょうは『入れ歯』について書かせていただきますね。

 

いわゆる『入れ歯』は、

歯医者さんでは、『義歯』、『デンチャー』なんて読んだりもしますが、

大きく分けて、二つの入れ歯に分けられます。

 

一つ目は、

まったく歯のない患者さんが使う、いわゆる『総入れ歯』です。

専門用語では、

『全部床義歯』、『フルデンチャー』『コンプリートデンチャー』

なんて呼ばれたりもします。

 

二つ目は、

部分的に歯がない患者さんが使う、いわゆる『部分入れ歯』です。

専門用語では、『部分床義歯』、『パーシャルデンチャー』なんて呼ばれたりもします。

 

今回は、いわゆる『総入れ歯』の患者さんについてブログを書かせていただきます。

 

今回の患者さんですが、

上あごには、歯がなく『総入れ歯』を装着されていますが、

下あごには、入れ歯を装着されていません。

 

下あごの前歯は、ご自身の歯を維持されていますが、

下の奥歯にはインプラントによる補綴治療(かぶせ物)を

されています。

 

専門的には、シングルデンチャーと言われる難しいケースなんです。

 

しかも、下あごにはインプラント治療がされていますので、

しっかりと噛む力が発揮されますので、

上あごの入れ歯にかかる力もかなりの大きさになってきます。

 

さて、

このシングルデンチャーと呼ばれるケースは、

なぜ、難しいのでしょうか?

 

ここからは、やや専門的になりますが、

入れ歯でお困りの方や入れ歯でお困りのご家族や友人がおられる方

是非、頑張って読んでみて下さい。

 

それは、

上あご、下あごの両方に総入れ歯をつくる場合と異なり、

片方のあごだけに総入れ歯をつくる場合には、かみ合う天然歯(患者さん自身の歯)に

よって、入れ歯に並べる人工歯(入れ歯の歯)の排列位置が制限されてしまうからです。

そのため、人工歯排列(入れ歯の歯を並べる工程)に知識や高い技術が必要になってくるからです。

 

さらには、

天然歯と入れ歯では、かむ力が大きく異なりますので、

入れ歯を支える歯ぐきの印象(型どり)などにも高い技術が必要となってきます。

 

今回の患者さまは、最良のものを希望されましたので、

保険診療外の材料と方法で治療させていただきました。

 

保険診療では、レジン床と呼ばれる樹脂の入れ歯になりますが、

今回は、生体親和性の高いチタンによる

金属床の入れ歯を作製させていただきました。

 

チタンは、歯科ではインプラント治療に使うインプラントに用いられている金属です。

また、整形外科の骨折治療などのスクリューやプレートにも使われる

もっとも体になじみの良い金属で、比重も軽く、

入れ歯の材料としては一番良い材料の一つだと思います。

 

また、人工歯にはセラミックでできた陶歯を使用しましたので、

変色もなく、かみ合わせの歯によるする減りも軽減できます。

陶歯は、審美的な利点だけでなく、ほど良い硬さでうまくすり減っていきますので、

長期的に安定したかみ合わせを維持することができますので、

ご自身の歯であるかのように、同じ入れ歯を長期に使用していただくことができます。

ticolor.JPGのサムネール画像

ireba.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の2つが、今回作製した入れ歯です。

 

少しわかりにくいですが、ピンク色の歯ぐきの部分にも

いくつか色を混ぜてつくっていますので、

その患者さんにぴったりの歯ぐきの色で出来上がりました。

 

下は、ご自身の歯ですので、

歯ぐきの色合わせを行うことで、

入れ歯のようには見えにくくなると思います。

 

かみ合う歯の部分は、すでに非常に細かく調整されていますので、

出来上がった入れ歯は、無調整で患者さんのお口の中に入れることができました。

 

患者さんからも

『見た目もきれいになって、食事も美味しくたべれてます』と

うれしいお言葉をいただきました。

 

色々苦労もありましたが、患者さんと協力して

ぴったりの入れ歯ができました!

 

書くことは、まだまだありますが…。

これ以上長いと読んでくれませんので…。

 

また改めます。

 

印象の手順や材料、また、印象した物を模型にするための石こうなど、

精度の高い材料を選択し、決められた手順をしっかり守ることも非常に重要です。

 

上原歯科では、高い知識と技術をお持ちの技工士の先生による院内セミナーを開催し、

スタッフ全員がしっかり理解した上で、入れ歯の治療に対応していますので、

患者さんに満足いただける、入れ歯を提供できると考えています。

 

入れ歯でお困りの方や入れ歯でお困りのご家族や友人がおられる方は

是非、一度ご相談下さい。

ユニフォームが新しくなりました!

こんばんは。

上原歯科副院長の上原行博です。

 

朝晩は気温も下がり、少し肌寒くなってきましたね。

10月になり、すっかり秋らしい気候ですね。

 

最近までは、真夏と変わらず半ズボンでぶらぶらと

出かけることが多かったのですが、

そろそろ、衣替えしないといけませんね。

 

さて、

上原歯科でも衣替えというわけではありませんが、

10月になり、心機一転!

 

ドクター、スタッフのユニフォームが新しくなりました!

 

 

実は、

5月の改装リニューアルと同じタイミングで、

新しいユニフォームに変える予定だったのですが、

改装の打ち合わせなどでバタバタと時間を過ごしてしまい、

なかなか、スタッフみんなでユニフォームについての話し合いができず、

今回、10月1日から新しいユニフォームに変わることになりました。

 

ちょっといいわけ気味ですが、

スタッフみんなでしっかり相談しあう時間がとれたので、

とても良い感じに仕上がりました!

newhakui.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

newuni.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左の写真が、

歯科衛生士さんのピンクのスクラブと歯科助手さんのエプロンです。

右の写真が、

男性ドクター用の白衣です。

 

個人的には気に入っていますが、

いかがでしょうか?

 

UDCLOGOWIDE.jpeg

エプロンの中央、          

白衣・スクラブの左胸には

医院のロゴも入れてみました。

 

『ユニフォーム変わりましたねnote』って、

患者さんからお声をいただくこともありますが、

また、みなさんの意見をきかせて下さいね!

 

以上、きょうはユニフォームのお話でした。

 

では、またあしたsign02

ご結婚おめでとうございます!

こんばんは、上原歯科副院長の上原行博です。

 

昨晩は、土曜日に勤務していただいていた重松先生の

結婚式の二次会に参加させていただきました。

 

大学時代のラグビー部の後輩にあたる先生で、

彼とは、もう15年近い付き合いになります。

 

また、先生とは、現在も同じアメリカンフットボール部に所属しており、

二次会の参加者は、大学、ラグビー部、アメフトと

顔なじみの方ばかりで、本当に楽しく、幸せな二次会でした。

 

さて、そんな二次会でしたが、

光栄なことに、乾杯のあいさつをさせていただくことになっておりました。

 

二次会と言うことで、簡単に考えていましたが、

披露宴に近い、1.5次会みたいな会場を準備されており、

出席者も100人以上おられました。

 

あいさつの流れは考えていましたが、

100人以上の前でとなると、やはり緊張するものですね…。

 

nijikaiyokyou.JPG

あいさつもなんとか無事に終え、

あとはビールをたのしくいただきました。

 

大学の後輩、ラグビー部、

そして、アメフトチームのみんな、

気の知れた楽しい仲間たちと

幸せな雰囲気の中で、

とても楽しい時間が過ごせました。

 

日曜日だと言うことを忘れて、少しはしゃぎ過ぎたような気もしますが…。

 

そんなわけで、重松先生は実家に戻って勤務されるとのことで、

残念ながら、先月末で退職されています。

 

現在、当院では土曜日に勤務していただける先生を募集しております。

 

勤務していただける先生を見つけることは、意外と難しいのですが、

二次会会場で数人の先生とお話させてもらい、

良い返事がいただけるかなと思っております。

 

また、土曜日に勤務していただける新しい先生が決まれば、

こちらのブログで報告させていただきますね。

 

最後に、重松先生へ。

きのうは、本当に楽しい二次会に参加させていただきありがとうございました。

新しい生活で色々な不安もあると思いますが、

持ち前の明るい性格と素晴らしい人間性、

そして、奥さんの優しい笑顔で

素晴らしい新生活のスタートをきって下さいね。

 

ご結婚おめでとうございます。

これからのさらなるご活躍を期待しています。

shigenijikai.JPG