親知らずは、なるべく早めに抜いた方が良い場合が多いような気がします。

こんにちは。

大阪府茨木市、上原歯科副院長の上原行博です。

 

さて、またまた『親知らず』の話です。

 

しつこいようですが、

親知らずが気になる方は、『親知らず』のページも読んでみて下さいね!

http://www.uehara-dental.com/oyashirazu/oyashirazu.html

 

当院では、副院長が日本口腔外科学会の専門医と言うこともあり、

紹介を希望される場合を除いて、ほぼすべての患者さんの親知らずを

当院で抜歯治療させていただいています。

 

健康な患者さんであれば、大学病院の口腔外科への紹介や近隣の口腔外科への

抜歯による紹介はほぼありません

 

働いておられる方にとっては、

当日に抜歯することがほぼ不可能な大学の付属病院や

午前や午後の限られた時間にしか抜歯治療のできない病院がほとんどですので、

紹介先の大学病院や病院の口腔外科へ通院することは、

正直なところ、なかなか難しいものではないでしょうか。

 

そのため、当院では親知らずを抜歯した患者さんによる紹介などもあり、

ほんとうに数多くの患者さんが親知らずの抜歯治療に来院されています。

 

さて、前置きが長くなりましたが、

先日来られた患者さんのパノラマレントゲン写真です。

(画像写真は、患者さんの同意を得た上で使用させていただいています。)

 

表 示(クリック!)

 

全体的に見ると、大きな治療をした感じもなく、

非常にきれいな歯の状態のように見えます。

でも、右側をよく見てみると…。

親知らず.001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右の上下ともに、親知らずの前にある歯(第二大臼歯)が、

大きなむし歯になっています。

赤い矢印の部分がむし歯で黒く抜けて写っているのがわかります。)

 

残念ながら、この大きさまでむし歯が進行してしまうと

歯の神経を取り除くための、抜髄と呼ばれる治療が必要になってしまいます。

 

コムネットファイル.001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

上のレントゲン写真と見比べると、黒く抜けて写っている歯髄と呼ばれる部分にまで

むし歯で黒く抜けた感じが進んでしまっている様子ががわかります。

 

こうなってしまうと、右のイラストのような器具を使って、

抜髄と呼ばれる神経を取り除くための治療が必要になってしまいます。

 

エンド試適.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

上の小さなレントゲン写真が、神経を取り除く治療の際に撮影したものです。

なかなかショッキングな写真ですよね。

 

この後、きっちりと神経の処置を終えて、

現在は、親知らずの抜歯も終わりました。

 

あとは、親知らずを抜いた後の穴がふさがるまでは、

仮歯をいれて歯ぐきの治癒を待つだけです。

 

残念ながら、大きくむし歯が進んでしまうと、

神経を取り除くための根っこの治療が必要になりますが、

しっかりとはじめの抜髄治療を行うことができれば、

ちゃんと歯を残すことができますし、特別に歯が弱くなってしまうこともありません。

 

この患者さんも、これまではあまり歯医者に通った経験はなかったようですが、

上の2カ所のむし歯以外にも、歯と歯の間に大きなむし歯がありました。

 

むし歯は痛みが出る、痛みが伴うと思っておられる方が多いですが、

意外にも、大人のむし歯はあまり痛みがでません。

 

痛みが出てからでは、神経の治療が必要になってしまったりすることも

少なくありません。

 

やはり、

定期的なチェックに歯医者さんへ通うことをおすすめします!

 

親知らずのトラブルが出やすい年齢を考えると、

卒業前の学生の方や就職を控えた方は、

充実した春を迎える前に、親知らずのチェックやむし歯のチェックのために

一度、歯科医院へ行かれることをおすすめします!

『ココナッツ・オイルプリング』やってみましたが…

こんばんは。

大阪府茨木市、上原歯科副院長の上原行博です。

 

年明けのブログで、

『ココナッツ・オイルプリング』について書かせていただきましたが、

みなさん読んでいただけましたか?

http://uehara-dental.com/blog/2015/01/post-135.html

 

「この上原歯科のブログって読まれているのかな?」みたいな雰囲気で

毎回、好き勝手書かせていただいているのですが、

先日、通院していただいている患者さんから

「先生、あのブログの『ココナッツ・オイルプリング』ってどうなの?」と

聞いていただけました。

 

思わず、「えっ!!!」と大きな声を出してしまいましたが、

ブログ、読んでいただいたんですね。ありがとうございます。」

 

実は、ひそかに『ココナッツ・オイルプリング』を

やってみましたが、正直かなり気持ち悪いです。

 

デトックス効果もあり、からだには良さそうですが、

何十分間もあの気持ち悪い感じは、個人的にはとてもつらい印象でした。

 

感じ方には個人差があると思いますので、

ご興味あるかたは、一度『ココナッツ・オイルプリング』やって見て下さいね。

 

また、ちょこっと調べると、こんな情報もありましたよ!

http://matome.naver.jp/odai/2137872318556000001

http://matome.naver.jp/odai/2141144735059626801

 

男性にはあんまりですが、女性には評判良いのかもしれませんね。

なんか、女子力アップって感じなんでしょうか?!

美容や健康に意識の高い女性にはおすすめのようですよ!

 

また、この記事を見ると、

『オイルプリング』にごま油もOKなんですね!

食べれなくなってしまった生レバーを思い出して、

ごま油でもチャレンジしてみようかなと思います(笑)。

 

よけいに吐きそうな感じですけどね…。

 

coconutoil.jpegのサムネール画像のサムネール画像

さて、ご紹介した本も読み終えました。

 

以前のブログに書いたこの本→、

なかなか面白かったですよ。

 

ご興味あれば、暇つぶしにでも簡単に読める本だと思います。

 

また機会があれば、

読書感想文的なものを

こちらのブログに書かせていただきますね。

口内炎がよくできる方におすすめできそうです

こんにちは。

大阪府茨木市、上原歯科副院長の上原行博です。

 

きょうは、

『口内炎』のお話についてかかせていただきます。

 

みなさんは、口内炎でよくお困りですか?

 

僕自身は、ほとんど口内炎ができないので、

正直、あまり口内炎の痛みに悩まされた経験がありません。

 

しかしながら、

数日前に左の頬っぺたを噛んでしまい、

その傷が口内炎のようになり、ここ数日は刺激のある食べ物が

つらい日々なんです…。

 

お醤油やあつい飲みもの、辛いものなど、

刺激物を食べたり、飲んだりがとてもつらいですね。

 

口内炎で頻繁に来院される患者さんのお気持ちが、

とてもよくわかる日々をここ数日過ごしています。

 

さて、そんなわけで。

今は、この軟膏にお世話になっています。

 

おるて.001.jpg

 

 

 

 

 

この軟膏、

『オルテクサー口腔用軟膏0.1%』と言う商品です。

 

『ORTEXER(オルテクサー)』なんかかっこ良い響きですが、

以前に業者の方から、口の粘膜に付着しやすくできていて、

とれにくい軟膏だと説明をうけ、1本わけていただいていました。

 

業者の方も評判の良い軟膏だとおっしゃっていましたが、

実際に自分自身で使ってみると、その良さを実感できました。

 

口内炎の患部に塗ってみると、患部に塗った軟膏がゲル状になり

口内炎の周囲をべたっとコーティングしてくれる感じです。

 

ケナログ軟膏など、他の軟膏とは違う独特な感覚で、

べたっと固まって、多少の口の動きでは取れない優れものです。

 

そのおかげで、歯との接触による痛みは、

塗るとすぐに緩和することができました。

 

添付文書を調べてみると、

添加物として『ゲル化炭化水素』というものが含まれているようで、

このゲル化させるための添加物がポイントみたいですね。

https://www.bee.co.jp/pdf/siryou/3.pdf

 

手元には1本だけしかありませんが、

口内炎でお困りの方には、とれにくい軟膏でおすすめできそうです。

 

上原歯科では口内炎の治療として、

レーザーを使用して、口内炎の表面を殺菌、消毒することで、

 消炎、鎮痛効果によって治癒を助ける治療を行う。

②しっかりと乾燥させた上で、口内炎の患部に軟膏を塗り、

 その上をオブラートで覆う、パック療法を行う。

 

院内で処方させていただく軟膏は、『ケナログ軟膏』と言うものが多いのですが、

この軟膏も評判良さそうなら、常備しても良いかなと思っています。

 

残念ながら、現在は院内に処方できるものは置いてませんが…。

 

長くなりましたが、以前にドラッグストアで撮った写真です。

口内炎でお困りの方って、多くいらっしゃるようですね。

 

市販薬で対応困難な場合は、

レーザー治療やパック療法で痛みの緩和が可能ですので、

いつでもご相談下さいね。

ドラッグストア.jpg