6月は・・・

こんにちは!

上原歯科の中谷ですsmiley

爽やかな天気が続いたと思えば、急に雨模様になったり・・

関西の梅雨入りはいつ頃でしょうか(゜゜)

 

日本には色々な行事がありますが、6/4、6/4~6/10は何の日かご存知ですか?☆

正解は・・・

 

6/4は  「むしば予防の日」

6/4~6/10は  「歯と口の健康週間」   です!

 

「歯と口の健康週間」は、厚生労働省・文部科学省・日本歯科医師会の共同で実施されているもので、

国民の皆さんに「歯の衛生に関する正しい知識を知ってもらうこと」「歯の病気の予防・早期発見・早期治療を行って、健康の維持や促進に役立てていただくこと」そして歯だけではなく、歯を含めたお口全体への意識を高めていただくことが目的となっています。

歴史は長く、歯の衛生週間は今から85年前(昭和3年)に日本歯科医師会が始めたものです。

当初は「むし歯予防デー」という名称でしたが、その後「護歯日」「健民運動ムシ歯予防運動」へと名称が変わっているそうです。

太平洋戦争で一時中止されましたが、昭和24年に再開して、昭和33年から平成24年まで「歯の衛生週間」という名称で展開されていました。そして、平成25年に「歯と口の健康週間」へと名称が変更され今に至ります。

改めて調べてみると、昔から歯に関する色々な活動が行われているんですねblush

 

また、この期間に合わせて、学校で歯科健診を受けたお子さまも多いのではないでしょうか?

むし歯や歯ぐきの問題がある場合は、早めの受診をおすすめします☆

この機会にご家族で、歯みがきのコツ・むし歯にならない為の知識を持っていただけると嬉しいですsmiley

上原歯科では歯科受診が初めてのお子さまも歯医者に慣れてもらうところからスタートしていきますので、気軽にお問合せ下さい。

インターネットからでも予約いただけますので、ご予約お待ちしております(*^^)

 

 

深呼吸していますか?

こんにちは。

上原歯科の歯科衛生士の上路です。

 

まだ5月だというのに…今日もかなり厚いですね。

急に暑くなったりすると体の調子も狂いますよね…

良い睡眠が出来ずに疲れがたまっていませんか?

 

仕事や日常生活でストレスを受け続けていると、自分では気が付かないうちに深呼吸が浅くなり、

肺の呼吸量(換気量)が減少するそうです。

すると体内に供給される酸素量も減少するため、もっとも酸素を必要とする脳や筋肉に影響を及ぼし、頭痛や疲労、肩こりなどをおこしやすくなります。

男女差・個人差はありますが、一般的に私たちの呼吸量は、1回(1呼吸)で500ml程度と言われています。

しかし、座禅やヨガなどでおこなう深い呼吸では、呼吸量が3~4倍まで増えるそうです。

深い呼吸をしばらく続けることで、体内への酸素供給量が増えるでけでなく、副交感神経が活性化され、気持ちが落ち着きリラックスする効果があります。

みなさんもぜひ“深呼吸タイム”をつくってみてはいかがでしょう?

 

以前、ヨガに通っていた時期もあるのですが、やめてからは意識的に深呼吸をすることもなくなりました(゜゜)

ほっと一息ついて大きく深呼吸をする時間をつくることは大切ですね☆

 

下の奥歯、小さな銀歯が気になりませんか?

こんにちは。

阪急茨木市駅徒歩5分、上原歯科副院長の上原行博です。

 

朝のTV番組で天気予報を見ていたら、

きょうの大阪は、最高気温が30℃まで上昇する

とのことでしたね。

 

午前の診療を終えたこの時間は、

天気予報通りの晴天で、確かに5月とは思えない、

真夏のようなお天気ですねwink

 

さて、

本日の副院長からのブログ。

『下の奥歯、小さな銀歯が気になりませんか?』

 

下の写真は、

以前に治療させていただいた患者さんのものです。

ダイレクトボンディング.001

 

 

 

 

 

 

 

写真を見て下さい。

左の写真では下の奥歯左右に3ヶ所

小さな銀歯が見えます。

 

十数年?数十年?前までは、

小さなむし歯でも、このような銀歯で修復治療されるケースが

多かったようです。

 

では、最近はどのように治療できるかと言うと、

右の写真のように、歯と同じ白いつめもので

見た目もきれいに修復治療することができます。

 

では、銀歯と白いつめものの比較です。

 

        銀  歯      白いつめもの

歯を削る量    多い    >    少ない

治療回数  2回(型取りが必要) > ほとんどの場合1回

審美性   悪い(金属色)    > 白い(歯に近い色調)

 

上の比較をご覧いただければ、おわかりですよね!

 

現在の材料や接着技術を考えると、

小さなむし歯の場合の修復治療は、

白いつめものの法が、優れていると考えられます。

 

保険診療で使われる金属材料として一番多いものは、

12%金銀パラジウム合金と呼ばれているものです。

言葉通り、金、銀、パラジウムなどを含む合金のことです。

 

金:12%、銀:約50%、

パラジウム:約20%、銅:約15%、を主成分とし、

その他に数種の金属が含まれています。

 

強度があるのですが、やや硬くかみ合う歯をすり減らしたり、

歯ぐきが変色したりなどの可能性もあります。

 

様々な金属を含むため、

金属アレルギーの既往がある方は、特に、注意が必要です。

 

参考までに、歯科で用いる金属で

金属アレルギーの原因となりやすいものには

次のようなものがあります。

コバルト、錫(スズ)、パラジウム、インジウム、

イリジウム、水銀、ニッケル、クロム

 

また、保険治療で使われる白い材料は、

コンポジットレジンと呼ばれる物です。

一昔前のレジンは、いわゆる樹脂(プラスチック)でしたが、

最近のレジンには、

フィラーと呼ばれるセラミックを砕いた非常に細かな粒子が、

80%ぐらい含まれています。

そのため、強度も以前よりかなり向上しており、

色や光沢なども、天然の歯にかなり近い状態に修復でき、

非常に適用範囲の広い材料になってきています。

 

接着修復と呼ばれる治療で、

すごく簡単に言えば、樹脂をボンドで歯にくっつけて

歯のかたちを修復する治療です。

 

この『ボンド』の部分もかなり発展してきており、

接着修復治療で行える治療範囲がかなり増えてきています。

 

この、接着学の部分については、

また改めて、ブログに書かせていただきます!

 

では、午後からの診療も

スタッフ一同、頑張らせていただきます!

初夏

こんにちは!

上原歯科 衛生士の田中ですsmiley

 

あっという間にゴールデンウィークもおわり、5月も後半にさしかかりましたね。

朝晩はまだひんやり風が冷たく感じる日もありますが、日中は気温も上がり、すっかり初夏の陽気になりました。

 

自宅近くの公園にも色rとりどりのバラが咲き、お散歩するのに最適な季節にですyes

毎年5月にこの公園のバラを見るたびに、春から夏への季節の移り変わりを感じますblush

実家の母からは「フジの花が咲きました~♪」と、写メが送られてきて・・・

はぁ~heart5月っていいな~♪と、時折写真を眺めては、心癒される毎日ですblush

 

そんな中、スタッフの中井さんが、自宅のお庭Iに咲いたという『花菖蒲』を持ってきてくれました!!

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

お花に興味がない方でも、名前は知っている!

という方がほとんどではないでしょうか。

この季節を代表する、とても品のあるステキなお花ですheart

 

 

スッと真っ直ぐのびた茎や葉を見ると、思わず背筋もピン!気持ちシャキッ!とするような・・・

 

でも、やわらかそうなふんわりした花びらからは、優しさを感じますsmiley

 

こんなにきれいなお花が咲いているお庭を毎日眺められるなんてheartheartheart

花好きな私としては、羨ましいかぎりです!

 

ところで皆さん。  『菖蒲』と『花菖蒲』の違いってご存知ですか?

よくこの写真のお花を『菖蒲』とよぶことが多いですが、正しくは『ハナショウブ』といい、端午の節句につかる風習のある

菖蒲湯の『ショウブ』とは、別のものなんですよ。

 

ショウブ→サトイモ科

ハナショウブ→アヤメ科

菖蒲の葉は香りが強く、昔から中国では邪気を払う薬草として使われていたそうです。

ハナショウブのような美しい花はさかず、ガマの穂のような、お花のイメージとはかけ離れた花が付きます。

 

ほかにも、ハナショウブと似たアヤメやカキツバタの見分け方など…

お花の話をしだすと止まらなくなるので、今日はこのへんでblush

 

 

5月のHappyBirthday★★★

Exif_JPEG_PICTURE

 今月は、お花を持ってきてくれた中井さんの

 お誕生日をお祝いしました!

 

 いつも元気な中井さん、お誕生日おめでとうblush

 いつまでもその素敵な笑顔、わすれないでねheart

 

 

 

 

続・学校検診をうけられた方へ(矯正をお考えの方へ)

こんばんは。

茨木市、上原歯科副院長の上原行博です。

 

さて、

昨日は『学校での歯科健診をうけられた方へ』というテーマで

副院長からブログを更新させていただきました。

 

詳しくはこちら。

http://www.uehara-dental.com/blog/?p=1550

 

そこで、本日は続編です。

『続・学校検診をうけられた方へ』です!

 

お子さんの歯並びやかみ合わせが気になっている、

小学生のお子さんをもつ、お父さん、お母さん。

 

是非、お読みいただきたい内容を書かせていただきます!

 

ここ最近、通院中のお子さんや電話で問い合わせが多いのが、

小さなお子さんの歯並び、かみ合わせについての矯正相談です。

 

最近のこどもは、

食生活の影響による歯の大きさの増大や口呼吸の問題などで、

歯並びやかみ合わせに問題を抱えておられるお子さんが、

本当ににたくさんいらっしゃいます。

 

(参考までに…)

 以前は、食生活の変化やあごの大きさによって、

 歯並びに問題が多く生じているとの考えでしたが、

 文献などで僕自身の知る限りでは、現時点では、

 歯列不正が増えたのは、

 歯科医師も含め、日本人の歯並びに対する意識の向上と

 栄養状態が良くなり歯の大きさが大きくなったことが、

 一番大きな要因ではないかと考えています。)

 

そこで、ご家族の方が気になる問題のひとつが、

矯正をいつから始めれば良いのか

ということではないでしょうか?

 

結論から言わせていただきます。

 

奥に生え出てくる『6歳臼歯』と上下の前歯4本が生え出てくる

小学校の2〜4年生頃

最適と考えています。

 

矯正治療の方法や各々の医院や先生の考え方がありますので、

一概にどれが正しい考え方かとは言えませんが、

ひとつの目安にしていただければと思います。

 

特に、下の前歯が生え変わり始めたときに、

歯と歯の重なりが気になる、歯並びのでこぼこが気になる、

そのような場合に来院いただくと、適切なタイミングで

矯正治療が開始できると思います。

 

もし、小学校低学年・中学年ぐらいで、

学校歯科検診で、歯並びやかみ合わせの問題を指摘された

結果用紙をもらってきたお子さんがおられましたら、

一度、当院までご相談ください。

 

基本、無料で矯正相談させていただいています。

 

小学校高学年や中学生でも、

もちろん歯列矯正治療は可能なんですが、

矯正治療にかかる期間が長くなる、抜歯が必要になるなど、

少し問題が多くなってきますので、できるだけ小学生の間に

矯正治療を開始されることをおすすめします!

 

最低、一桁の年齢で矯正治療を開始できれば、

負担の少ない矯正治療ができるのではないかと考えています。

 

矯正治療をするかお悩みの方は、

一度副院長までお気軽にご相談下さい!

学校での歯科検診をうけられた方へ

こんばんは。

阪急茨木市駅徒歩5分、上原歯科副院長の上原行博です。

 

温かい日が続きますが,

みなさん、元気にお過ごしでしょうかsmiley

 

新生活が始まり、あっという間に1ヶ月が過ぎ。

そして、楽しみにされていた方も多かったGWも終わり、

約1週間…。

 

本当に時間が過ぎるのがはやくなったなあと感じる。

36歳、男性です(独身…)。

 

まあ、そんな話はどうでも良いのですが、

ここ数年、定期的に予防歯科に来院していただいている、

小学生の男の子のお母さんから

本日、こんなお電話をいただきました。

 

「先日あった小学校での歯科健診で上の奥歯にむし歯を

 指摘されたんですが、経過をみているむし歯がありますか?」

 

学校健診をうけられたお子さんをお持ちのご家族の方には、

知っていただきたいことがあります。

『健診』であって『検診』では、ありません。

 

学校で行われている歯科健診は、

歯科医院での診療環境とは大きく違います。

 

歯科治療用のお口の中を照らす明るい照明もありませんし、

使用できる器具にも制限があります。

初期むし歯を傷つけないようにとの考えで、

基本的には、歯科用の鏡1本で健診を行います。

 

さらに、互いに座った状態で対面での診査姿勢なので、

しっかりと口内隅々までチェックすることができません。

 

そんな状況のため、

疑わしい状態であれば「むし歯」と判断します。

 

また、学校健診が行われる時間などによっては、

歯みがきがきっちり行われておらず、食べかすや着色で

しっかり判断することができない場合も存在します。

 

歯科医院で行うように、エアーや水をあてて洗浄したり、

お口をゆすいだりしてもらうこともできません。

 

以上のことから、

治療の必要性とは無関係に、疑わしい場合には、

初期むし歯でも「むし歯はむし歯」と判定されてしまいます。

 

むし歯の数や治療が必要かどうかについては、

上原歯科でお話させていただいた診査内容と異なる場合が

あることをご理解下さい。

 

いずれにせよ、口内の問題を指摘された用紙をお持ちの方は、

一度、ご来院いただくようお願いします。

 

特に、健診の結果用紙で、むし歯、歯肉炎などを

指摘されたお子さんは、はやめの受診をおすすめします!

続・インプラント治療の講習会に参加してきました

おはようございます。

阪急茨木市駅徒歩5分、上原歯科副院長の上原行博です。

 

さて、

本日は先週末に書かせていただいた

4月23日(土)・24日(日)と参加してきた

金沢でのインプラント治療の講習会参加についての

続編を書かせていただきます。

http://www.uehara-dental.com/blog/?m=20160514

 

 

さて、

先日のブログでは、金沢へ向かうドタバタとした

お話しについてでしたが、今日は本題の講習会について。

 

今回の講習会のメインは、

実際にインプラント手術を見学させていただき、

より実践的にインプラント治療について学ぶというものでした。

 

様々なインプラント治療を行う上では、

あごの骨の少ない方や歯ぐきの厚みや幅が足りない方など、

様々な難しい状況に対応できる、技術と知識が

必要不可欠になってきます。

 

そのため、

数多くの講習会で学び勉強させていただいているつもりですが、

毎日のようにインプラント治療を行う先生や医院と

比べれば、どうしても経験の部分が追いつきません。

 

今回は、昨年度に参加していた勉強会のグループである

「5-DJapan」の先生の歯科医院に実際お邪魔して

インプラント治療の勉強をさせていただきました。

 

これが、昨年その勉強会に参加した際にいただいた

修了証です。

IMG_0303

 

 

 

 

 

 

1年間で2つのコースを受講させていただきました。

①歯周・インプラントコース

 歯周病治療とインプラント治療について学ぶ、

 隔月5回、土曜、日曜の計10日間のコース

②歯内・修復コース

 歯を残すための歯の根(神経)の治療や修復について

 学ぶ、隔月5回、土曜、日曜の計10日間のコース

 

思い起こすと、

昨年は、この2つのコースに参加させていただき、

様々な先生方から、数多くのことを教えていただくとともに、

全国各地の同年代の先生とも知り合うことで、

様々な気づきや刺激をいただいた、

本当に楽しく、刺激的な勉強会でした。

 

そんなわけで、

今回は昨年の勉強から、より実践的な内容について

学ぶために金沢の医院で行われる非常に貴重な勉強会に

参加させていただく機会を与えていただきました。

 

少数での開催のため、

普段はなかなか聞くことのできない細かな部分や

気になっていた事などがクリアになり、

充実した2日間の講習会参加となりました!

 

タイトなスケジュールで濃い内容の勉強会でしたが、

一瞬ですが、兼六園の前の降り立ったり、お寿司をいただいたり

少し観光みたいなこともできた、楽しい週末でした。

 

最後に写真を。

IMG_0099

 

 

 

 

 

 

 

 

お世話になった歯科医院

 

IMG_0102IMG_0104

 

 

 

 

 

 

 

金沢駅

 

IMG_0107

 

 

 

 

 

 

お寿司を食べにいく途中、数分だけ立ち寄った

兼六園。(中には入らず…。)

 

IMG_0120IMG_0129

 

 

 

 

 

 

 

 

春と言えば、ホタルイカ。

そして、金沢と言えば、エビ。

 

IMG_0138

 

 

 

 

 

 

北陸人のソウルフード、「8番らーめん」

 

写真をみると、結構欲張って色々できました。

 

最後に、

いつも講習会参加の際に診療してくれている、

スタッフみんなに感謝です!

 

では、本日も頑張って診療させていただきます!

インプラント治療の講習会に参加してきました!

こんにちは。

阪急茨木市駅徒歩5分、上原歯科副院長の上原行博です。

 

さて、本日の副院長ブログは、

連休前の4月に参加させていただいた、

インプラント治療の講習会について書かせていただきます。

 

連休前の4月23日(土)、24(日)と

金沢でインプラント治療の講習会に参加させていただきました。

 

北陸新幹線が開通し、東京からの観光客も

多くなっているんだろうなあと予想していましたが、

想定外の状況から、金沢への講習会がスタートしました。

 

23日の土曜日は、朝早く診療を抜けさせていただき、

京都駅からサンダーバードで金沢まで向かう予定でした。

 

まず、予定が崩れ始める予感がしたのが、JR茨木駅。

 

みどりの窓口で、茨木〜京都、そして、京都〜金沢までの

サンダーバードをお願いすると、指定席は満員ですとの返事が…。

 

すぐに、

『じゃあ、自由席でお願いします!』と返すと、

窓口の方から、

「今日は、福井で嵐のコンサートがあるんですよ。」

『へぇ〜、そうなんですね。』

切符を受け取り、ここまでは順調だと思っていました。

 

快速に乗り、高槻で乗り換え。

 

ここでも順調。

 

話題のホームに備えられたゲートをパシャリ!

IMG_0079

IMG_0080

 

 

 

 

 

 

 

 

 

噂通り、面白い発案だなと感心。

 

新快速で京都へ向かう車内で、一緒に講習会参加する

同級生からメールで連絡が、

自由席しかなくて大阪駅でかなり混んでいる

との情報が…。

 

なんか嫌な予感が…。

 

そして京都駅到着。

サンダーバードへ乗り換えるために、0番ホームへ。

 

すると、最悪の光景が…surprise

めっちゃ人並んでるやん…。

 

IMG_0082

 

 

 

 

 

 

 

自由席定員オーバー、立っての乗車確定です。

 

さすがは、『嵐』。

国民的アイドル、36歳男性の想定を遥かに超えておりました。

 

車内に乗り込むと、さながら通勤電車のような混みようで、

嵐のコンサートが開催される、福井県の鯖江まではこの状況が

続くことを覚悟しました。

 

1時間以上この状態で我慢し、やっと鯖江到着です!

IMG_0086

 

 

 

 

 

 

 

車内からの写真ですが、こんな静かなまちで

コンサートしなくても…。

 

大阪、京都など、結局は関西からのお客さんやん!

と声にはだせないですが、ひとり悶々としてしまいました。

 

できたら、『嵐』さん。

5大ドームツアーとかだけにしていただければと思うのは、

36歳、おっさんになりかけの年齢だからなんでしょう…。

 

ファンの方、ごめんなさい。

 

えらく脱線してしまいましたが、

その後は自由席に座り、予定通りで無事に金沢到着です。

 

さすが、日本の鉄道は素晴らしい!

 

内容が全くないですが、

週明けに改めて、続編をブログに書かせていただきます。

 

では、良い週末をお過ごし下さいenlightened

 

 

 

上原歯科の取り組みを雑誌に掲載していただきました!

こんばんは。

阪急茨木市駅徒歩5分、上原歯科副院長の上原行博です。

 

本日も、副院長からブログ更新です。

 

きょうは、上原歯科にとって嬉しい出来事があったので、

ご報告させていただきますlaugh

 

全国に歯科医院向けの歯科専門の雑誌に、

上原歯科での取り組みを掲載していただきました!

 

歯科医院へ向けた専門的な物なので、

一般の方や患者さんが目にすることはないと思いますが、

『デンタルマガジン』vol.157に掲載していただいています。

デンタルマガジン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吹田市に本社があり、今年創業100周年を迎える、

日本の歯科メーカー『MORITA』さんが、

全国の歯科医院へむけて、年4回発行されている雑誌です。

モリタ創業100周年

 

 

 

 

 

 

掲載していただいた紙面は、

こんな感じになっています。

デンタルマガジン紙面

 

 

 

 

 

 

画像が小さくて申し訳ないですが、

また、インターネットからPDFデータがとれるようになったら

改めてご案内させて下さい。

 

内容ですが、

加齢や強いブラッシング圧などによって歯ぐきが下がることを

歯肉退縮と専門的に言いますが、

このような状態になると、歯がしみたり(知覚過敏)

するだけでなく、歯根と呼ばれる歯の根の部分が

露出してしまい、その象牙質の部分に

むし歯ができやすくなってしまいます。

 

今回、ライオン歯科材株式会社さんから発売された

『Check-Upルートケア』は、この根面のむし歯を

効果的に予防できる商品で、フッ素だけでなく

知覚過敏を予防する成分もしっかりと含まれています。

 

さらには、

それらの成分を歯面にしっかりとコーティングするための

『PCA(ピロリドンカルボン酸)』と呼ばれるコーティング剤が

含まれているのが、特徴の歯みがき粉です。

 

予防歯科がすすみ、ご自身の歯が多く残る高齢者の方が増え、

このような根面のむし歯予防に特化した歯みがき粉は、

一般販売されている商品ではないため、

歯科専売の商品を研究、販売されている、

ライオン歯科材さんの『Check-Upルートケア』は、

そんな方へ非常におすすめのはみがき粉です。

 

すこし長くなりましたが、

本日も副院長ブログをお読み下さりありがとうございます。

 

『Check-Upルートケア』については、

また成分の詳細など詳しく書かせていただく予定です。

 

掃除の日

こんにちは。

上原歯科の歯科衛生士の上路です。

 

GWの休診日に入る前に上原歯科では、定期清掃を行いました。

28日に外回りの清掃を予定していたのですが、その日はあいにくの雨でした。

ちょうど雨が止んでいる合間をみて、少しだけ行いました。

窓ガラスの清掃・医院前のゴミ拾い・草抜きなど…

医院の前が車の通行量が多く、車を利用している方がするのかはわかりませんが、ポイ捨てが多いこと……集めたごみを見てみるとショックでした(@_@;)

IMG_2332[1]IMG_2328[1]

 

集めるとたくさんありますね…

 

医院の前を通られる方に少し迷惑をお掛けしたかもしれませんが、みんな掃除頑張りました☆

すっきりきれいになりました~(*^^)v

 

夏の暑い時期と冬の寒い時期は避けたいので…次回の外のお掃除は10月を予定しています!!