まだまだ慣れない、月曜日の成人の日(2017-3)

こんばんは。

阪急茨木市駅徒歩5分、上原歯科副院長の上原行博です。

 

仕事始めから2日診療させていただき、そして連休。

なかなか仕事モードへと移行するのが難しい、

そんな年はじめに、今日もブログを書かせていただきます。

 

ひと昔前は、『成人の日』といえば1月15日が当たり前でしたが、

ここ数年は、振り替え休日のように月曜日が当たり前になってきました。

 

「いつからこうなったんやろ?」と思い、調べてみました。

 

Wikipediaによると、

ハッピーマンデー制度により、

1999年(平成11年)までは、1月15日が成人の日。

それ以降からは、1月の第2月曜日となったようです。

 

年月が経つのは早いもので、もう随分と前の変更なんですね。。。

 

自分自身の成人式を振り返ってみましたが、

高校の同級生と阪急高槻あたりに集まった記憶があるだけで

正直、何か大きな出来事はなかったような気がします。

 

最近では、30歳や40歳なども新たな区切りの年と考え、

30歳のための『三十路式』や40歳のための『セカンド成人式』

このようなイベントも開催されているようですね。

 

何かとイベントにするのが良いものかとは思いますが、

同じ世代で集まることは、非常に楽しいものですし、

貴重な時間の共有になり、たくさんの気づきがありそうですね。

 

僕自身も今年で37歳、40歳へ向けた大切な一年にしたいなと

考えさせられた、そんな成人の日でした。