阪神大震災から22年、同級生の使命感に感動しました。(2017-9)

こんばんは。

阪急茨木市駅徒歩5分、上原歯科副院長の上原行博です。

 

きょう、1月17日。

関西にお住まいのみなさんは、必ず思い出す

阪神大震災から22年目の日です。

 

茨木市でも突き上げるような激しい揺れを感じ、

家中の様々な物が大きな揺れによって散乱し、

大きな家具までも激しく動いていたことを覚えています。

 

その年は、中学3年生。

中高一貫のが私立学校に通っていたので、神戸や尼崎、宝塚などから

通学している同級生もたくさんおり、震災によって自宅を失ってしまった

生徒、被災によって食料や水などが不足している生徒など、

身近で大きなショックを受けている姿をみました。

 

そんな一人が、

西宮で整形外科医をしている同級生。

パソコンを開くとこんな記事がありました。

http://www.sankei.com/west/news/170116/wst1701160076-n1.html

 

そして夜は、大阪で経営者の方など色々な職種の方と

自身の志について語る、月1回の食事会に参加してきました。

 

「もし余命があと1年しかなかったら」をテーマに

様々な意見やおもい、考えが出ました。

 

みなさんの考えを聞きながら、

すぐやれることは、今すぐに手をつけはじめる、即時実践。

毎日を大切に最善を尽くし今を生きる。

与えること、手放すこと。

色々なことを考え、学ばせていただきました。

 

同級生のあつい思いにも色々と気づかされる、

本当に学び多い1日になりました。

 

日々当たり前のように生かされていることに感謝しつつ、

きょうは、ゆっくりと休もうと思います。

 

では、あしたも頑張って診療させていただきます。