茨木市 歯科 歯科医院 小児歯科 プチ矯正 歯周病 無痛治療 インプラント ホワイトニング 歯医者


マタニティ歯科

マタニティ歯科〜マイナス1歳からのむし歯予防〜

何でも気軽に相談できるような診療環境づくり

おなかに赤ちゃんがいます 女性のライフサイクルにおいて、妊娠・出産は大きな出来事であり、大切な時間のひとつではないでしょうか。
 上原歯科ではそれらを経験してきた女性院長と女性スタッフが中心となり、妊娠・出産を控えた患者様が安心して診療をうけることができ、何でも気軽に相談できるような診療環境づくりに取り組んでいます。

昔は、「一子を得ると、一歯を失う」と言われ、妊娠・出産すると歯が悪くなると信じられていましたが、これは決して迷信ではありません。
妊娠すると、ホルモンバランスが崩れてしまい、からだだけでなく精神面での変化もみられるようになり、生活環境も変わっていきます。
上原歯科医院のマタニティ歯科 また、食習慣や嗜好の変化・偏りなどもあり、むし歯や歯肉炎などお口の中のトラブルを起こす原因がたくさん生じてくるのです。
歯やお口を守るポイントをしっかり知って、生まれてくる赤ちゃんの健康な歯のためにも、私たちとともに、きょうからお口のケアを始めていきましょう!

上原歯科 スタッフ一同  


妊娠期におけるお口の変化

私達がサポートします! 妊娠期には
妊娠期には、プロゲステロンやエストロゲンなど ホルモン分泌の増加により、炎症症状が過剰に起こる傾向にあります。

唾液の分泌量が減り
唾液の分泌量が減り、ネバネバとした感じが増したり、お口の中のpHや抗菌作用の低下が起こります。また、唾液の流れによる自浄作用の減少も認められます。

つわりによる食習慣の変化
つわりによる食習慣の変化や嗜好の変化・偏り、また、 嘔吐の繰り返しによるお口の中のpHの低下などで、口腔環境が変化し、清掃不良が起きてしまいます。

妊娠期には、むし歯や歯周炎の原因菌が増加しやすい 環境になり、
妊婦の約70%で歯周炎や妊娠性歯肉炎が認められているともいわれています。


妊娠性歯肉炎

妊娠中はつわりの影響などで、食生活や歯みがき習慣が不規則になり、口内環境の悪化がみられます。
また、エストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンが血中に増加し、歯肉溝滲出液中でも増加します。
 このホルモンを好む細菌が増すことにより、歯肉炎になりやすくなってしまいます。
そのため、妊娠5〜20週頃から歯肉が腫れたり、出血することがあります。
出産後、ホルモンのバランスが落ち着くと治りますが、不潔にしておくと、歯周病へと進行してしまいます。

歯周病と早産・低体重出産

歯周病になると、サイトカインと呼ばれる、炎症性物質が生成されます。
 この炎症性物質にはプロスタグランディンという子宮収縮物質の産生を促す性質があります。
 これによって、出産には早い時期なのに出産のゴーサインを出してしまったり、胎盤の早期剥離を起こしてしまったりします。
 さらに、炎症の程度によっては、歯周病原菌がそのまま血流を介して胎盤へ移行し、胎児の発育不全や低体重児出産などのリスクを高める可能性があるとも言われています。

マタニティ歯科

つわり時のお口のケア

つわりがひどい時は、歯みがきを非常につらく感じてしまう方が多く、全くできない方もいます。
しかし、そのような状況が続くと、むし歯だけでなく、歯ぐきが腫れて出血しやすくなり歯肉炎を起こしてしまいます。

  • @ つわりが軽く体調の良い時間帯にみがく
  • A “ぶくぶくうがい”を十分に行う
  • B なるべく歯みがき粉を使用しない
  • C 歯ブラシはヘッドが小さめのものを選ぶ
  • D 歯ブラシはこまめに小さく動かす
  • E 顔を下に向けて磨く
  • F “ながらみがき”をする(入浴しながら、TVを見ながらなどの歯みがき)

つわりがひどい時は、@〜Fのように工夫して
口内環境を清潔に保つようこころがけましょう!


上原歯科おすすめのケア用品

ヘッドの小さな歯ブラシ
ルシェロ歯ブラシ ピセラB−20M/S
歯ブラシ ピセラS(ソフト)は、毛先がやわらかく
歯ぐきの腫れている方へおすすめです。

洗口剤
コンクールF
コンクールF 薬用成分クロルヘキシジン含有で、
歯周炎の予防効果があります。

歯みがきジェル
ジェルコートF
ジェルコートF フッ素配合で歯を強くし、
クロルヘキシジンも
含有しています。
泡立ち成分無配合で
歯みがきによる吐き気が
軽減できます。



歯みがきの注意点


赤ちゃんをむし歯から守るために

生まれたばかりの赤ちゃんにはむし歯の菌や歯周病の原因菌は存在していません。
むし歯や歯肉炎が発現するのは、それらの病原菌がお口の中へ感染し起こります。
基本は家族内感染ですが、接しているお母さんが主な感染源となってしまいます。

〜お母さんからの感染を防ぐには〜


  • @ 感染経路を遮断する。(スプーンやお箸などを共有しないこと)
  • A 感染源(特にお母さん)の菌数を減らす。
    1歳半〜2歳半はもっとも感染しやすい時期であり、
    それまでにお母さんの予防を行う。
  • B 子どものショ糖摂取を制限する。

お母さんのキシリトールの習慣的摂取が母子伝播予防に有効です!


妊娠Q&A

Q:妊娠中にレントゲン写真を撮っても大丈夫?
A:妊娠中に歯科でのレントゲン撮影をうけても、胎児が直接X線を被曝することは実質的にはほとんどなく、特に問題ありません。

矢印鉛の入っ防護エプロンを使用することで、X線 を1/100程に減弱でき、
被曝量はゼロに 近くなります。
矢印デジタルX線撮影装置を使用していますので、撮影時の被曝量を1/4程度に減らすことができます。
矢印妊娠中の撮影は、お母さんと相談の上行います。

Q:妊娠中の麻酔は問題ないの?
A:歯科治療を行う際に使用する麻酔は、妊娠中もほぼ問題なく使用できます。

矢印治療の痛みによるストレスを考え、最低必要量の麻酔で痛みを緩和し治療すれば、母体の負担を軽減するとともに、胎児への影響も避けられると考えています。
矢印電動注入式の注射器を使い、なるべく細い針で麻酔を行っています。加えて、注射前に表面麻酔を併用することで、できる限り無痛での治療が行えるよう、こころがけています。
矢印もっとも多く使用されており、効果発現の 早い、歯科用キシロカインを使用します。

Q:妊娠中のお薬は大丈夫?
A:できるだけ薬の使用は控えますが、薬の有用性が危険性を上回る場合には必要最少量を使用します。

矢印痛みや腫れなどの急性症状で、投薬がどうしても必要な場合には、かかりつけの産婦人科医に相談いたします。
矢印抗生物質は、ほぼ安全性が確立されているペニシリン系(ビクシリンR、サワシリンRなど)を使用します。アレルギーなどの場合、セフェム系(ケフレックスR)やマクロライド系の抗生物質を使用することもあります。
矢印鎮痛剤は、小児の鎮痛剤としても使われる、カロナールRを主に使用します。


よい歯をつくる食品表

食品表

〒567-0828  茨木市舟木町8−27
医療法人 尚正会  上原歯科
電話 (072)632−1616


│   TOP   │   HOME   │